大地震後は特に危険!液状化対策で二次被害を予防

地盤改良

住宅の安全性

住宅の安全性を守るためには、地震が発生しても大丈夫なように住宅の地盤をきちんとチェックしておくことが大切です。地盤調査を行って、その結果を踏まえて地盤改良工事を行う必要があります。調査と工事を別々の会社に依頼することで安心できます。

デリバリー

安全を証明する調査

地質調査は、災害時などを除いて家の建築時などに行われ地盤の緩みや沈下がないかを調査する重要なものです。災害時や海や山周辺では地形の変化が変わりやすいので重要です。また、スウェーデンで採用された方法が安価で信頼性も高いことから機械の詳しい使用方法を調べたうえで行いましょう。

地震による液状化現象

工事現場

液状化に備える

地下水を含んだ砂状の地盤に住宅を建てる場合には、液状化対策を検討する必要があります。住宅の建築時点ではしっかりとした地盤であっても、液状化現象が起きると傾いたり沈下したりする可能性がありますので、適切な対策をとる必要があります。通常時においては砂が結合して強固な地盤を形成していても、地震の揺れが加わることで砂の結合が崩れてしまい、あたかも液体のような状況になることを液状化現象と言います。近年発生している地震では多くの埋立地が液状化による被害を受けています。埋立地では砂が含まれた地盤が多く、地下水が溜まっていることがあるため、液状化対策を行わなければ、被害が拡大する可能性があります。外観だけでは分からないので、どのような対策が行われているか確認が必要です。

液状化現象への対策

液状化現象が生じると街中のいたるところで住宅が傾いたり、土管が浮き上がったりしますので、地域全体での対策が必要になります。既にできあがった住宅地で液状化対策を行うのは大変ですので、液状化現象の可能性がある地域では、あらかじめ液状化対策を行う必要があります。埋立地の場合には、造成のタイミングで対策を講じることで費用を軽減することができます。個別に対策を講じることは大変ですので、初めから対策をしたうえで、土地を活用することが大切です。砂状の土地であることと地下水が含まれていることが主な原因ですので、土地を固化することで強固な地盤に改良したり、対象地の地下に含まれた水分を排出したりすることで液状化を防ぎます。

ヘルメット

防火対策に必要

防火対象物点検は、ビルの管理者などでは実施が義務付けられており、有資格者による点検が必要となるものである。点検においては、業者活用が必要になるが、その際には低コストであることや早く対応してもらえることなどが重視される。

このエントリーをはてなブックマークに追加