大地震後は特に危険!液状化対策で二次被害を予防

住宅の安全性

地盤改良

地震から住宅を守る

地震などの災害が発生した場合に、住宅を守るためには地盤が重要になります。盛り土などの軟弱地盤であったり、埋めた地のような砂地の場合には、どうしても地震に対して脆弱性があります。そのリスクを軽減するためには、しっかりと地盤調査を行って、その調査結果に基づいた地盤改良工事を行うことが必要になります。地盤調査の結果、軟弱な地盤であることが判明したとしても、しっかりとした地盤改良工事を行えば耐震性については問題ありません。もちろん大規模な地震が発生すれば大きな被害が生じるリスクはありますが、それでも地盤改良工事を行っておけば、より軽い被害で抑えることができます。重要なことは、地盤調査の結果に基づいた対策をとることです。

地盤改良工事のチェック

住宅を建築する場合に実施される地盤調査には簡易的なものから本格的なものまで様々ですが、そのエリアの状況に応じて調査をすることが大切です。周辺の地盤が弱い傾向にある場合には、しっかりと地盤調査を行って必要な地盤改良工事をすることが必要です。地盤調査を行う会社と地盤改良を行う会社が関連会社の場合には、施工内容に十分なチェックができませんので、まったく違う会社に依頼する方が安心して任せることができます。調査結果を十分に反映させた地盤改良工事を実施してもらい、その内容について調査会社にも確認してもらうことで、納得のいく地盤改良工事を実施することができます。別々の会社に依頼する方が費用面では高くなりますが、将来的なことを考えると必要な対策です。

このエントリーをはてなブックマークに追加