大地震後は特に危険!液状化対策で二次被害を予防

防火対策に必要

ヘルメット

火災事故をきっかけとして、防火対象物点検が義務付けられており、建物の管理者は定期的に専門担当者による点検を受ける必要がある。防火対象物点検では、消防計画の状況から避難経路や消化のための機器設置など様々な観点から点検される。これらの点検においては、防火対象物点検資格者による点検が必要になり、これらの資格を有しない人では点検をすることができない。その為、業者を活用するなどにより防火対象物点検の有資格者に点検してもらうということなどが行われている。防火対象物点検においては、実際の点検に加え、計画の策定などに付いても必要であり、業者ではこれらを含めサポートしてもらうこともできる。通常のビル管理者などでは知識が無いことがあるだろう。

防火対象物点検を行う場合、業者選びにはポイントとなることがある。多くのビル管理者などが重視することとしてあるのが、料金設定である。防火対象物点検では、業者を活用しての点検が通常必要になるが、これらについてはコストを掛けずに実施したいと思うだろう。その為、コストの安い業者を利用する方が目立つのだ。また、調査にかかる時間についても重要になる。防火対象物点検では、管理するビルなどが多く、エリアが広いケースなどでは点検に長い時間を有することになる。その為、これらの点検を素早く確実に実施してもらえる業者も選ばれる要因になっている。その他、計画の策定などより広範囲でサポートしてくれる業者も良い。

このエントリーをはてなブックマークに追加