大地震後は特に危険!液状化対策で二次被害を予防

安全を証明する調査

デリバリー

地質調査とは、簡潔にいうと地層の種類や分布状況や構成されている岩石などについて詳しく調べることで、家を建てる時などに必ずしなければなりません。地盤の緩みや地盤沈下などが起こりやすくなっていては、ローンを組んでお金をはたいて購入した家を失ってしまうことにつながります。今では、地質調査を行っていても欠陥が見つかった場合は保証が効くので少し家を建てやすくなったという方も多いでしょう。この調査は非常に重要で地震や噴火などの災害が起こりうる可能性がない状態というのを保って行わなければならず、もし災害時にはもう一度地質調査を行い安全安心に努めなければなりません。山や海周辺では地形変化が起こりやすいので周辺に住んでいる方にはとても重要なものとなります。

地質調査の方法にはいくつがありますが、代表的なものはそこまで多くはありません。スウェーデンの国有鉄道の試験で普及したもので、ドリルの刃先のようなものを鉄の棒のようなものに取り付け地面に重圧をかけどれだけ沈んでいるかを見るというものです。この試験的道具の調査費は比較的安価であるため、人気が高いといわれています。ボーリングなどの方法は一般的だと思われがちですが、少し手間を省けることから採用されているようです。また、既存の建築物にも関わらず、調査が可能な点も優れています。間違った方法で使わないよう、一通りの具体的な方法を理解してから監督の指示のもと行う必要があります。結果にはばらつきがあるので繰り返し試してみるのも有効です。

このエントリーをはてなブックマークに追加